天然酵母・自家製酵母・ドイツパンのパン教室「アトリエ・タブリエ」

NEWS

アトリエタブリエからのお知らせです。

Stollen meine
2013.11.21
伝統的なシュトーレンには決まりごとがあるのをご存知ですか??
フルーツの量 焼き上げ時の中心温度 伝統の味は非常に深いものがあります
アレンジも楽しいけれど… まず基本はどういうものかと思います
マジパンがここまで浸透するに至る ドイツの食文化は興味深いですよね

pure-nnsyuto-renn

イタリア産の栗の粉は年々希少価値 栗が大好きな人は大勢いるはず そんな栗の粉をローストすると なんとも言えない甘く香ばしい香りがアトリエに立ち込めます そして、中にはさらにイタリア産の栗のシロップ漬けが贅沢に入っているのです… 伝統的なシュトーレンと対比するように こちらは小さなサイズを3個入れてみました 雪に覆われた白い山 そんなイメージで作っています 泡に合います

大人味の栗のシュトーレン

無題

教室を始める頃 パンを売ることもできたらいいなと気楽に考えていました
気楽に
しかし 美味しいと思えるものを… どなたかに食べていただけるとしたら
それは、教室とは違った喜びと幸せに違いありません
やる気をだしなよと 本気になりなよと
もどかしいよと
後ろから背中をどついてくれた人のおかげです
こういう後押しがなければ
まだウロウロと生ぬるいところに逡巡しているばかりでした
きっかけはこういう話です
だから、このシュトーレンは私にとって とてもとても思い入れのあるものです
思い入れが強すぎると「重い」??
ぜひ食べてみてくださいませ

 

2